スピリチュアルで職場の悩み解決-iスピリチュアル

iスピリチュアルメインイメージ

仕事運と転職

その仕事、あなたに合ってますか?

人は何らかの壮大な力の働きかけにより、使命を与えられて生かされています。
そのため、生まれながらに与えられた適正な職業があるのです。仕事がうまくいかない、長続きしないという諸々の疑問は、与えられた使命と離れたものであるがゆえに起こることなのです。
また与えられた使命と全く逆のことを続けていると、健康面や精神面に甚大な問題が出てくる場合があります。

スピリチュアルパワーが導くあなたの働くべき場所

しかし、人間関係が悪いから、新しい種類の仕事で不安だから、慣れないからといってすぐに職を転々とするのは考えものです。
確かに生まれながらに与えられた役割というものは負っているかもしれませんが、それがわかるのはすぐにではありません。
スピリチュアルなパワーは、やり抜きやり遂げるよう、告げているのかもしれません。

また転々と職を変えていては、現実問題本人の資質を問われることになり、信用問題に発展します。
ですから合わない職場でも、ある程度勤め上げ、実績を残してから職を変わるのをお勧めします。
転職後、それが自分に合った職だと思えば、それはスピリチュアルパワーに導かれた結果なのです。

スピリチュアルで仕事運アップ

では現状で仕事が自分に合わないと思っている場合、どのような気持ちで仕事を続けて行けばよいでしょうか。
それは、その職場だけに限らず大きな目標を掲げて仕事を遂行することです。
目標や目的を持って仕事をこなし、自分のスキルを磨いていくと、良いスピリチュアルパワーを招きよせることができます。

スピリチュアルなパワーは常に降り注いでいますが、それを感知するのは難しいといえます。
ですからスピリチュアルなパワーを得られる土台を築いていくのです。
すると今までより何倍も多くのスピリチュアルパワーを得られるようになります。

土台作りには、本人の意識改革も必要です。
目標を掲げることも大事ですが、なにより仕事の不平不満で気持ちを満たさないことです。
このような負の気持ちは、自分だけでなく周囲の人間も引き込んでしまいます。
スピリチュアルなパワーは、受け取り手に取って良くも悪くも働くものです。
仕事のミスが多い、それを周囲に知られるのが怖い。漠然とした仕事への不安がある。

しかしそれらを考えてみても、結局は悩むだけに留まります。
ですから自らできることを一歩一歩着実に積み上げていきましょう。
スピリチュアルパワーは目に見えないからこそ実感がわきにくいものです。
前向きに仕事に取組み、積極的に人に関わることで好転の兆しになります。

スピリチュアルで転職を考える

転職をしたいと考える時はどんなときでしょう。
専門性を高めたい、資格を活かせるところへ、やりがいを求めて、もっと福利厚生がしっかりした待遇の良い所へ。

転職先に求めるものは人それぞれです。
しかしそれは少しでも前向きな理由でしょうか。も
し職場の人間関係が合わない、給与が仕事量に見合わないなど、現在の職場を否定する感情的な転職は、次の転職先でもうまく仕事をこなせない可能性が高いと言えるでしょう。

転職は100%成功の保証はありません。
転職先で同じような不平不満が出てくる可能性もあります。
給与が随分下がってしまう場合もあり、以前の職場と同じように人間関係に疲れるときもあり得るのです。

職場や仕事内容を変える場合は、感情的なことは置いておき、まず実績を多く積み上げるのが大事です。
これは単純にスキルを磨くことだけでなく、実は魂もその輝きを向上させているのです。

そしてなぜ転職を行うのか、具体的な目標や目的を持つと良いでしょう。
スピリチュアルなパワーは、それらを考えている時驚くほど降り注いでいます。
直感が働くのです。
例えば同じ条件の職場があっても、こちらの会社へ行きたいという気持ちがわいてきます。
その職場で仕事をしている自分の姿を想像できるかもしれません。

スピリチュアルで転職の面接も成功!?

しかし転職は縁というスピリチュアルな力も働きます。
ですからいくら実績を積み上げ、多くの経験をこなしてきても、その会社との縁がなければ採用は難しくなります。
不採用の場合は、縁がなかったと諦めるしかありません。
スピリチュアルなパワーが、そのように働きかけているのです。

縁がある時は、身にまとっているオーラが相手に伝わる時です。
誰でもオーラをオーラとして感じ取ることはできませんが、面接官の直観に働きかけることはできます。
面接の際、相手の会社は同じようなレベルの方を幾人も見てきています。
その中で抜きんでるためには、やはり面接官の直観にあると言わざるを得ません。

では具体的にオーラを輝かせ、面接官の印象に残るためには、どのような行動を起こせばよいでしょうか。
それはまず落ち着いて邪な考えを持たず、純粋にその会社への情熱を伝えればよいのです。
変に自分を着飾ると、それが相手に伝わってしまいます。

転職を考えるということは、転職に値する実績や経験が自分にはあると思ってのことです。
この自信を前面に出しましょう。
スピリチュアルなパワーがやる気を後押し、面接時には最大限にオーラが輝き相手に働きかけることでしょう。


ツイート

トップページに戻る→iスピリチュアル

復縁する
iスピリチュアルメニュー iスピリチュアルメニュー
iスピリチュアルメニュー iスピリチュアルメニュー